どんな暮らしがしたい?あなたらしい賃貸物件探し

は人の管理が必要

温泉街にある一軒の賃貸住宅に短期滞在しました。
千葉県の房総にも別荘はかなりあります。
それはセミナーに出席するためです。
賃貸住宅というのはあまり正しい名称ではありませんが、正確にいうと貸し別荘といえばいいかもしれません。
いぜんもある知人の別荘にステイしました。
ロッジハウスというかログハウス風の作りはとても素敵でした。
でも宿泊客がすくなくメンテナンスもされていないため、清潔感にかけました。
でも今回ステイした住宅は概観も美しく部屋の清潔感は申し分ありませんでした。
短期のセミナーや出張などにはウィークリーマンションやカプセルホテルに泊まる人も少なくありません。
しかし今回は地方都市のかなりのどかなところだったためそのどちらもありませんでした。
しかも天然温泉の湧き出る地域だったため、硫黄の香りがただよい温泉気分を満喫しました。
部屋もオーナーが定期的に業者に頼んで清掃やメンテナンスをされているようでした。
部屋や家というのは人の出入りがないととたんに劣化し、かび臭くなってしまいます。
これが熱力学第二法則というのでしょうか。
事物は第三者による管理がなされないと朽ち果てていくのです。
なにごとにも世話をする人が必要なのです。
あるホテルでは毎日全ての空室の客室に入って布団の隅をめくり上げるそうです。
その理由は夜に突然予約なしの客が入ってきたときに布団に入りやすくするためと部屋に空気を入れるためです。
良く賃貸住宅を探しているときに長い間人が住んでいない部屋を見るとなにか変な感じがするものです。
短期滞在であってもできるだけ居心地のいいマンションやアパートにすみたいものです。
家は人が必要とする基本的なものですから、ある程度の条件を満たしていなければいけません。
日当たりが悪いと気分までめいるかも知れません。
また通りに面していると便利かもしれませんが、車の騒音に睡眠が妨げられることもあります。
南向きが理想ですが南向きの部屋は人気があります。
南向きときけば理想的ですが、熱帯地方の国々では南向きの部屋は人気がありません。
それは暑すぎるからです。
東向きの部屋が人気なのです。
賃貸情報はよく駅などのスタンドにおいてあります。
インターネットでも探す事が出来ます。
そこにいかなくても全国各地の賃貸情報を得る事が出来るのでとても便利です。
これから転勤というときに現地までいかなくても探せますが実際にみることができないという不便さもあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018どんな暮らしがしたい?あなたらしい賃貸物件探し.All rights reserved.